入試情報 資料請求 在学生の方へ 卒業生の方へ

教員コラム

教員コラム

大学の先生のお仕事【平山奈央子】

2021年4月22日

大学の授業が休み期間になると、私の母は「授業ないのに学校に行くの?」と年に2回くらい私に言います。私のことをまだ学生だと思っているのでしょうか (^_^;) 「授業以外の仕事もあるねん」と言うのですが、確かに、他人のお仕...(続きを読む)

教員コラム

COVID-19と滋賀県 【香川雄一】

2021年3月1日

2020年は新型コロナウイルスの影響で、全世界が2019年までとはまったく異なる社会になってしまいました。滋賀県立大学においても、2020年度の前期はほぼ遠隔形式の授業となってしまい、夏休み期間中に一部の対面授業が実施さ...(続きを読む)

教員コラム

琵琶湖の湖魚から推察される自然環境の変化【林宰司】

2021年2月9日

私は今年で滋賀県在住10年目になりますが,食べたことがある琵琶湖の魚や料理と言えば,ビワマス,鮎,エビ豆くらいです。鮒寿司も数回食べたことがあるという程度で,それ以外の琵琶湖の漁業資源についてよく知らないので,この機会に...(続きを読む)

教員コラム

環境政策・計画学科 ― 文理融合だからこそ、“技術士”養成 虎の穴【瀧健太郎】

2021年1月6日

学科学生のみなさんにおすすめの資格試験があります。 技術士(環境部門)の一次試験です。 まずは、技術士について簡単に解説しましょう。 技術士は、国家試験で認められた日本を代表するエンジニアです。技術系の資格...(続きを読む)

教員コラム

ベトナムの炎のような色のカフェと幸せで平和な日常【村上一真】

2020年12月7日

今回もさらに北上してベトナムです。 ベトナムには数回行っているのですが、いずれもハノイとホーチミンおよびその周辺です。下記画像は、2年前くらいに学内でミニレクチャーとしてベトナムのことを話した際のちらしです。ベトナム中...(続きを読む)

教員コラム

フラミンゴの花筏(はないかだ)【井手慎司】

2020年11月30日

桜にまつわる季語に「花筏」という言葉がある.水面に散った桜の花びらがかたまりとなり,優雅に流れるさまを筏に見立てた晩春の季語である.そのピンクの花筏を,日本から遠く離れたケニアのナクル湖で見たことがある.とは言っ...(続きを読む)

教員コラム

公共関与の産業廃棄物最終処分場建設について思うこと【金谷健】

2020年11月16日

廃棄物は一般廃棄物と産業廃棄物とに区分され、一般廃棄物は行政(市町村)に処理責任がありますが、産業廃棄物は行政には処理責任はありません。産業廃棄物は排出事業者に処理責任があり、排出事業者が自分で処理するか、処理業者に処理...(続きを読む)

教員コラム

何が侵略的外来生物を抑制するのでしょうか?【上河原献二】

2020年9月17日

世界的な人・物の移動が増えるに従って、ブラックバス、ヒアリなど多くの侵略的外来生物が問題になっています。その拡散と繁殖は何によって抑えられるのでしょうか?生態学の創始者の一人と言われるイギリスのエルトン(1900-199...(続きを読む)

カテゴリーごとの一覧へ

学科ニュース 学科発イベント 授業のようす 教員コラム 環境・地域の情報 受験情報 在学生へ