環境計画学専攻 地域環境経営研究部門
お問い合わせ

先輩の声

●2014年度修了 秋山研究室 薩摩かなえさん

顔写真

.

1.どういうことに興味があり(問題意識),どんな研究をしていますか。

昔から環境問題全般に興味がありました。環境問題を少しでも減らすためには何が必要かと考えたとき、1人1人の意識や行動が大きく作用するのではないかと考え、環境問題の中でも特に、環境政策や市民参加、まちづくりに強い興味を抱くようになりました。環境基本計画と市民参加を大きな研究テーマとして焦点を当て、学部時代には市町村合併における環境基本計画の再策定時の市民参加について、大学院時代には環境基本計画の進行管理における市民参加について研究を行いました。研究以外の活動として、環境マネジメント事務所という環境サークルに所属し、生協のISO14001及び環境活動を行ってきました。

2.大学院に進学したことでよかったこと,身に付いたことを教えてください。

大学院に進学したことでよかったことは、学部の時よりも専門分野をより深く学ぶことができたことです。特に、私が修士1回の時に受講していた『近江環人地域再生学座』では、座学形式の講義はもちろん、実際に地域に出て、地域と連携し、地域課題を解決するための地域再生プロジェクトに取り組むという実践の場が与えられていました。そのため、座学と実践の両面から専門知識を学ぶことが出来ました。このことからも、自分の目で確かめ、自分の足で行動することの必要性が身につきました。

生協掲示板更新

生協掲示板更新

8ミリ映画上映会&写真展覧会

8ミリ映画上映会&写真展覧会

●2013年度修了 林研究室 王嘉陽さん

.

.

1.どういうことに興味があり(問題意識),どんな研究をしていますか。

近年,中国の大気汚染は日々深刻になっている.この大気汚染の一つ重要な原因は中国のエネルギー構造である.中国では一次エネルギー消費のうち,約7割を石炭に依存し,化石エネルギーによるものが90%以上を占める.化石エネルギーの大量消費とともに,SO2,NOXをはじめ様々な環境負荷物質が排出されている.そのため,私は再生可能エネルギーの導入による中国エネルギー構造改革に注目し,研究している.特に,風力と太陽光発電の分野では中国の技術力と生産能力が優れているが,普及促進政策に不足が存在しているため,まだ普及に様々な課題を抱えている.

2.大学院に進学したことでよかったこと,身に付いたことを教えてください。

滋賀県立大学の学部で社会調査や統計分析などの調査・研究能力を身についた.さらに深く研究したいため,大学院に進学した.修士課程の2年間で専門知識の勉強はもちろん,産業連関分析や共分散構造分析などのより高度な分析手法を学んだ.滋賀県立大学で勉強期間中に特に感心したのは,総合的に研究をサポートしてくれるところである.

滋賀県立大学は人間文化学部のような文系から工学部のような理系まで総合的に勉強できる大学である.特に環境科学部は様々な環境分野の課題を研究している.私は自分の課題を研究する際に,政策制度,歴史,企業経営,電気系統,機械システムなど様々な分野の知識が必要である.問題があれば各分野の先生方に伺うことができ,よりスムーズに研究をできた.

●2014年度修了 鵜飼・増田研究室 周玲瓏さん

周 写真1

.

日本のコミュニティ・カフェについて興味を持っており,大学院では日本のコミュニティ・カフェの経営の継続性に関する研究に取り組みました.コミュニティ・カフェに関する文献調査や滋賀県内の現地調査を行い,日本のコミュニティ・カフェは経営上厳しい状況になっていることが分かりました.
大学院生活の2年間は,専門知識はもちろん,日本語能力,日本の文化等も学び,たくさんの方の協力をいただいて修士論文を完成させることができました.私にとって滋賀県立大学はとても魅力的な学びの場でした.

研究対象のコミュニティ・カフェで企画したイベント

研究対象のコミュニティ・カフェで企画したイベント

現役院生の声

鵜飼•増田研究室 後藤彰俊さん

1.どういうことに興味があり(問題意識),どんな研究をしていますか。

大学院 後藤1

.

近年,日本では,少子高齢化,過疎化が進み,東京などの大都市に人口が集中し,地方は衰退に向かっています.特に,中山間地域などの条件不利地域はそれが顕著に現れています.私はそういった地域に対して総務省が行っている地域おこし協力隊制度というソフト事業の人的支援について研究を行っています.この制度において,隊員は,一定期間,地域に居住して地域ブランドや地場産品の開発•販売•PR等の地域おこしの支援や,農林水産業への従事,住民の生活支援などの「地域協力活動」を行いながら,その地域への定住•定着を図ります.私は,地域によって受け入れ体制や活動内容も様々なため,まずは協力隊の活動プロセスを整理しています.

2.大学院に進学したことでよかったこと,身に付いたことを教えてください。

東近江奥永源寺

東近江奥永源寺

大学に進学してよかったことの一つはひとのつながりです.副専攻の近江環人では,社会人と大学院生で授業を行うことで,幅広い世代の価値観を聞く事ができました.またフィールドワークが多いため,学外にでることが多く,様々な場所で地域の人たちと交流することができました.今まで紙面でしかしらなかった問題を,生の声を聞くことで,地域の実情を把握する事ができたことも有意義でした.
また,修士論文や授業を通して様々な視点でみることの大切さを学びました.地域というフィールドでは,地域住民の視点,行政目線,NPO目線など様々な立場の人々が関わるため,複合的な視点をもつことが求められていることに気づかされました.