環境計画学専攻 地域環境経営研究部門
お問い合わせ

博士後期課程 (博士課程)

Ⅰ.人材養成目的

地域環境経営研究部門では、地域の生態系に根ざした、持続的な社会の発展に資する環境政策学・環境計画学の構築をめざします。

Ⅱ.アドミッションポリシー

地域環境経営研究部門では、環境システム、資源環境経済、環境政策に関する専門的知識を持ち、環境問題に関する社会科学的・政策論的研究の能力と実績、および日本語または英語によるコミュニケーション能力を有するものを求めます。

Ⅲ.カリキュラムポリシー

環境計画学専攻地域環境経営研究部門は、人材の養成に関する目的の達成のため、下記のような教育課程を編成します。
環境科学および地域環境経営に関する先端的な課題や知見の講義や演習、研究方法に関する科目を配置する。これらの科目の体系的な学修により、人材の養成に関する目標を達成します。

Ⅳ.ディプロマポリシー

環境計画学専攻地域環境経営研究部門は、人材の養成の目的を達成するため、下記のとおり、修了時点において学生が身につけるべき能力を定めます。
所定単位の修得と論文等の審査基準に基づく審査の合格により、その達成とみなし、博士学位を授与します。
A.持続可能な地域環境をマネジメントできる高度な専門知識を身につける。
B.地域環境マネジメントに関する新規性のある学術研究を行い、対外的に評価された成果を含めて論文としてまとめ、的確な発表・質疑ができる。