【イベント情報】「第24回水シンポジウム2019inしが」 マザーレイク~森・川・里・湖のつながりの再生を目指して~

2019年07月16日(火) 10:11更新

「第24回水シンポジウム2019inしが」が開催されます!

水シンポジウムとは…

水に関する諸問題について、市民、土木学会、行政、民間が一同に会して議論し、相互理解と情報共有を図る水シンポジウムが、2019年8月22日(木曜日)と23日(金曜日)の2日間にかけて、大津市のピアザ淡海(滋賀県立県民交流センター)を主な会場として開催されます。このシンポジウムは、平成8年から毎年、各都道府県で開催されており、本県では初めての開催となります。

開催主旨

滋賀県では、平成26年度に「滋賀県流域治水の推進に関する条例」を制定し、どのような洪水にあっても県民の生命を守り、甚大な被害を回避するための対策を進めるとともに、平成29年度には「琵琶湖の保全再生に関する計画」を策定し、森、川、里、湖のつながりや人の暮らしと湖とのつながりの再生を進めているところです。

古来より人々の暮らしに密接に関わってきた琵琶湖やその周辺の河川について、「滋賀から発信するしなやかで強靭な流域治水のあり方」、「水辺を活かしたまちづくりと環境保全の相乗効果」に着目し、これからの水との関わり方についての提案を、滋賀から全国へ発信します。

開催概要

開催日:令和元年(2019年)8月22日(木曜日)、23日(金曜日)

会場:ピアザ淡海(滋賀県立県民交流センター)

[大津市におの浜1-1-20(JR膳所駅徒歩12分)]

主催:「第24回水シンポジウム2019inしが」実行委員会
[(公社)土木学会水工学委員会・国土交通省近畿地方整備局・滋賀県・大津市]

内容:[第1日目] 8月22日(木曜日)シンポジウム 10:00~17:00 (入場無料)
[第2日目] 8月23日(金曜日)現地見学会(定員40名)

参加申込方法について 【締切:8月2日(金曜日)必着】
シンポジウム及び現地見学会ともに申込みが必要です。

詳細・申し込みはこちらから↓
https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/kendoseibi/kasenkoan/304628.html