【イベント情報】「SDGs×エネルギー ~持続可能な未来に向けた地域デザイン~」の開催について

2019年02月25日(月) 11:14更新

しが地域エネルギーコンソーシアム・フォーラムが開催されます。

地球規模で進行する気候変動を背景に、環境・社会・企業統治に配慮する企業を重視・選別して行うESG投資や化石燃料関連企業からの投資撤退(ダイベストメント)、自然エネルギー100%を目指す国際的なプロジェクト「RE100」など、今や自然エネルギーの活用は世界各国に共通する重要な課題となり、現実のビジネスや社会にも影響を及ぼし始めています。
今回のフォーラムでは、こうしたエネルギーを取り巻く最新動向とともに、持続可能な未来に向けた自然エネルギーに関する県内事例の最前線をご紹介します。是非ご参加ください。

1. 日時・会場
日時:平成31年3月20日(水曜日) 13時30分~16時40分(受付:13時~)

会場:ピアザ淡海 大会議室(大津市におの浜一丁目1-20)   ※なるべく公共交通機関をご利用ください。

2. プログラム
13時30分~   開会挨拶・「しがエネルギービジョン」の推進について

13時50分~   基調講演「自然エネルギーがビジネス・社会を変える」
自然エネルギー財団 自然エネルギービジネスグループ   マネージャー   石田 雅也   氏

15時00分~   事例報告1(県補助金活用事例)
1. 「Allmendeキテハ 小型チップボイラ導入による地域創造プロジェクト」
株式会社バイオマスアグリゲーション   代表取締役   久木 裕   氏
2. 「伊吹山ソーラーファームプロジェクト」
株式会社伊吹山スロービレッジ   取締役   嶋野 美知子   氏
3. 「高純度バイオディーゼル燃料による滋賀発SDGs実践プロジェクト」
油藤商事株式会社   専務取締役   青山 裕史   氏

15時45分~   事例報告2
4. 「自然エネルギーを活用した地域活性化の推進」
湖南市 地域創生推進課 地域エネルギー室   課長補佐   池本 未和   氏
5. 「ダイキン工業の管水路用マイクロ水力発電事業の展開」
株式会社DK-Power   取締役   石川 吉彦   氏
6. 「水素エネルギー社会に向けたパナソニックの取組」
パナソニック株式会社 アプライアンス社
スマートエネルギーシステム事業部   主幹   武部 安男   氏

16時40分      閉会(※16時40分~17時00分   名刺交換会)

3. 参加費・定員
参加費:無料、定員:150名

※どなたでも参加いただけます。

4. 申込方法
下記内容をご記入の上、メール(ene☆pref.shiga.lg.jp ☆→@に変換してください)またはFAX(077-528-4808)にてお申し込みください。

メールの場合は、題名を「フォーラム申込み」としてください。
(1) 法人・団体名(個人の方は記入不要)・住所、(2) 所属・職名・氏名(ふりがな)、(3) 連絡先(TEL・FAX・メールアドレス)
※申込み締切:平成31年3月18日(月曜日) 17時

開催チラシ(PDF:4,465KB)
http://www.pref.shiga.lg.jp/f/hodo/e-shinbun/files/20190320chirashi.pdf

5. 主催・申込み先・問合せ
滋賀県 県民生活部 エネルギー政策課

詳細はこちらで↓
http://www.pref.shiga.lg.jp/f/hodo/e-shinbun/20190128.html