高橋 卓也 教授

研究室 B6-107  高橋研究室HPへ
内線 8329
E-mail tak@ses.usp.ac.jp
(@は半角に変換してください)
研究分野 環境経営、森林政策・計画、資源・環境経済
担当科目 環境経営論、環境マネジメント演習、資源経済学、国際環境資源論、環境科学概論Ⅱ、Environmental Sciences in Japan(ミシガン州立大学連合プログラム)ほか
出身学校 愛媛県立松山南高等学校理数科 1983年03月
京都大学農学部林学科 1987年3月
出身大学院 •ブリティッシュ・コロンビア大学(University of British Columbia) 大学院(Faculty of Graduate Studies) 資源管理・環境学プログラム(Resource Management and Environemntal Studies Program) 博士課程 2001年03月
取得学位 •資源管理・環境学博士(ブリティッシュ・コロンビア大学[カナダ]大学院)
•経営学修士(ノースウェスタン大学[米国]経営大学院)
職歴 •製紙会社勤務 -1997年3月
•滋賀県立大学 環境科学部 生物資源管理学科 講師 2001年04月 - 2007年03月
•滋賀県立大学 環境科学部環境計画学科・環境社会計画専攻 講師 2007年04月 - 2007年09月
•滋賀県立大学 環境科学部 環境政策・計画学科 准教授 2007年10月 - 現在
所属学会 •社団法人 環境情報科学センター
•林業経済学会
•日本森林学会
•環境経済・政策学会
•水資源・環境学会
研究業績 滋賀県立大学 研究者総覧へ »

今行っている研究

整数計画法による環境に配慮した市町村レベル森林計画策定手法の開発。
入会林野近代化の促進・阻害要因の特定。組織内部における環境経営・グリーン購入の浸透の把握。
森林認証普及パターンのエージェント・ベースト・モデルによるシミュレーション。
在来のCSRとしての三方よし(近江商人の商法)。

著書の紹介

  水資源・環境研究の現在   資源と環境の経済学

卒論の紹介

・日本における森林認証紙普及に関する研究―CoC(加工流通過程の管理)認証に着目して―
・中小企業による森づくり活動の現状と促進方法に関する研究―栗東きょうどう夢の森プロジェクトを対象として―
・希少山野草の盗掘対策に関する研究―岩手県早池峰山の合同パトロールを対象として―
・自動車の長期利用に及ぼす要因に関する研究
・フェアトレード商品取扱店の立ち上げ期等におけるマーケティング戦略に関する研究―名古屋市を対象として―

学生に対して望むこと

いい意味で教員をびっくりさせてほしい。自由でいてほしい。自分の行動に責任を持つことは当然として。

好きな言葉

すなわち建築成った伽藍内の堂守や貸椅子係の職につこうと考えるような人間は、すで(に)その瞬間から敗北者であると。それに反して、何人にあれ、その胸中に建造すべき伽藍を抱いている者は、すでに勝利者なのである。勝利は愛情の結実だ。・・・知能は愛情に奉仕する場合にだけ役立つのである。(サン・テクジュペリ著『戦う操縦士』堀口大学訳)

愛読書/今まで一番感銘を受けた本

スティーブン・ジェイ・グールドの著書『ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語』『フルハウス 生命の全容―四割打者の絶滅と進化の逆説』など。

趣味

近所の里山の散歩。

いま一番興味のあること

生命の進化はどうして起こるのか。

私の性格

幸せな性格だそうです。

学生時代に熱中していたこと

卒論・・・ではなかったと思います。

コラム

なぜ近江商人は続出したのか?~ロールモデルの大切さ~【高橋卓也】

TED3題~環境に関わって~【高橋卓也】

TED3題~環境に関わって~【高橋卓也】

カナダ・エドモントンで見た石油文明の光と影【高橋卓也】

環境フィールドワーク、川、ソンチュー? 【高橋卓也】

私の環境学 【高橋卓也】